​KISEKI  trial

「奇跡」をおこし「軌跡」にかえる

​あなたも一緒に挑戦してくれませんか

患者発案・医師主導治験

第1・2世代EGFR-TKI治療後、脳転移単独増悪(T790M変異陰性/不明)もしくは第1・2世代EGFR-TKI治療およびプラチナ治療後Systemic PD(T790M変異陰性)を示したEGFR変異陽性非小細胞肺がん患者に対するオシメルチニブを用いた第Ⅱ相試験

「効果のあるかもしれない薬が使えない…」

数万人いる​EGFR陽性・T790M陰性患者の絶望を

解決するための治験をスタートさせる。

患者・家族が発案、資金調達。

医療者が計画・実行。

製薬会社が支援。

 

それは誰もが実現不可能だと思っていたこと。

「奇跡」がおこったのかもしれない。

 

次のステップは、この治験を速やかに完遂させること。

科学的根拠をもって薬の有効性を示す。

 

薬が保険で使えるようになれば、

今、苦しんでいる人を助けられるかもしれない。

あとに続く人たちの道となる。

「軌跡」を残すんだ

KISEKI  trial 

「奇跡」をおこし「軌跡」にかえる

あなたも一緒に挑戦してくれませんか。

​★お願いしたいアクション★

この治験を広く世間に知ってもらう機会を設けました。

 

★7月9日(木)

14:00-15:30 プレスセミナー(オンライン・ZOOM)

                         ※最後に「写真撮影」

ここに来ていただけませんか。

集合写真を撮ります。仮に300人いれば、300人の意志を示す写真として

マスコミに使ってもらいます。

★7月2日(木)21:00、5日(日)14:00、8日(水)21:00

​写真撮影だけ参加できる日も設けました

<<参加申し込みはこちらを★クリック★>>

<患者本人のための見え方対策>

例えばA4の紙1枚に300人が写っていると想像してみてください。かなり小さい。しかし、患者の気持ちは伝わると思います。今回はぼかしません。がん患者の決意表明だからです。写真はけっして大きくは写りませんが、そのままの顔を出すのはちょっと・・・という方は、例えばマスクをして帽子をかぶるとか、メガネをかけてプチ変装していただくなど対策をしてください。パソコンの画面(カメラ)から、少し離れるだけでも、写真の顔はさらに小さく写ります。今回の治験はEGFR陽性の方に意味深いものですが、当事者に限らず、仲間として、一緒に応援してほしいと思っています。

​この治験にかける患者・家族の思い

不確かな治験でさえも患者にとっては大きな希望 

生きていく光です。

早く承認されることを願っています。

目から汗が出て止まりませんでした。

​この治験の結果がこれからの治療の新たな可能性に繋がります。

希望の治験ですね!

生きている私たちが治験に参加して頑張りたい

失ったものは計り知れないです

​とにかく早く!

寄付 ​ありがとうございます!

▼寄付者名・寄付総額

​銀行振り込み

アオヤママリコ様 100万円・森恵子様 3万円・小島紳子様 8千円・田中勇様 5千円・長澤富代様 2千円・三森美佐子様 1万円・山内政人様 1万円・黒澤正一様 5千円・後藤華林様 3千円・岩本幸子様 1万円・大西幸次様 2万円・坂本八重子様 1万円・畑中和義様 1万円・平澤睦様 2万円・中村美智子様 5千円・疋田有倫様 1万円・小野木由美子様 5万円・匿名様 1万円・えいたろう様・石川智子様・西廣緑様・米澤晴美様・谷島雄一郎様・長谷川洋子様 10万円 Remember Girl’s Power!!様 213,797円 順不同 

 他匿名希望29名 合計2,038,797円

ソフトバンクつながる募金より(お名前がわかりかねますので人数のみのお知らせとさせていただきます)

​52名 計342,007円

ふるさと納税

​​ここみ様 7万円・そら様 1万円・山藤憲明様 50万円・ちゅんまつ様 3万円・宇都忠和様 10万円・匿名様 5万円・荒金眞佐子様 12万円・松田圭子様 8万円・鳥飼洋二様 10万円・石田恵様 7万円・ゆかっち様 3万円・三上心平様 3万円・上正路信一様 5万円・高橋秀明様 3万円・匿名様 5千円・小川原智子様 3千円・田丸弥生様・山崎由美様・御園生泰明様・金子美智子様・大橋敬一様、江美様・toward kiseki様・みかこ様・畑妃佐子様・橋爪啓子様・古屋直樹様・伊藤進一様・南澤輝雄様・初田武彦様・岸本伸之様・奥川丈比様・園部佳代様・小佐茂好様・桃太郎様・吉田久美様・柴田和彦様・玄米ありす様・匿名希望

​長谷川一男

​76名 計3,065,000円

寄付総額 計5,445,804円

▼寄附金使用明細

​治験促進の為(予定)

事務局・WEBサイト開設・運営  30万

肺がんBOOK(2万部発行)    130万(143万)

広告(グーグルなど)      100万

 管理料           30万(33万)

病院へのレター発送      10万(11万)

旅費助成           150万

 管理料           50万(55万)

​メディアセミナー       20万(22万)

​   計           520万(544万)

2019年12月に行われた日本肺癌学会学術集会の日に声を上げ

治験に向けたご寄附を皆様にお願いしました。

当初、寄附をお願いした理由は厚生労働省との対面助言代478万円に

充てるためでした。

対面助言代は製薬会社さんが支払って下さいました。

​皆様から頂いたお心を無駄にすることなく、

この治験を応援するために使いたいと考えております

★治験の詳細★

​▼あてはまる人

 

​EGFR陽性非小細胞肺がんの方で

①1次治療でゲフィチニブ(イレッサ)、エルロチニブ(タルセバ)、アファチニブ(ジオトリフ)を使用後に脳転移や増悪した方

②上記の治療およびプラチナ治療シスプラチン・カルボプラチンでの治療後の検査でT790M変異陰性のままの方

 

第3世代EGFR-TKIと言われるオシメルチニブ(タグリッソ)はもともと2次治療以降で使われていました。

2018年8月に1次治療でEGFR陽性非小細胞肺がんの患者さん誰でも使えるようになりました。が、2次治療で使う場合にはT790M変異という遺伝子変異があれば使えるのですが、変異が認められなかったら、使えません。

​その使えない人たちに向けての治験です

▼時期

2020年8月後半を目指しております。 

※ 治験薬を海外から輸入するために、開始時期が前後する可能性があります

▼問い合わせ

​認定NPO法人西日本がん研究機構(WJOG)

      mail: wjog@wjog.jp

      TEL:  06-6633-7400

      FAX:  06-6633-7405

 お問い合わせの際は必ず

 『WJOG12819L』または『KISEKI trial』

​  についてのお問い合わせであるとお伝え下さい

特定非営利活動法人肺がん患者の会ワンステップ.jpg