受動喫煙要望書&ピコ太郎その3

&個別化医療(産経新聞)

みなさん こんにちは



今オーストリアのウイーンで開かれている世界肺癌学会に来ています。ペイシェントアドボカシーアワードをいただいたので、その授賞式とポスター発表で来ました。



さて、さきほどGLCC Global Lung Cancer Colition (世界肺がん連盟?)の会議に出席してきました。20ほどの世界各国の肺がん患者会が集まり、その活動状況や問題点を話し合うのです。私はそこに加盟したキャンサーネットジャパンさんのお供として参加いたしました。

で、せっかくだからとPPAPのパロディ・SSAKを流そうとすると、会場がどよどよし始めました。

なんと、みなさんPPAPを知っていたのです。

「PPAP!」

「Pen Appleね」

などと言い始めたのです。

世界の方がPPAPが広まっていました。ちょっとびっくりです。SSAKもなんとか拍手をいただきましたよ。本当に世界中にPPAPは広がっているようでした。



一応、明日から本番です

頑張ってきます











さてさて、普通ならお会いできない方にお会いしました!

皆さんびっくりされると思います

Prevent Cancer Foundationのキャロラインさんです。

実はこの方・・・









ペリーの孫の孫の娘さんだそうです

ぺりーってあのぺりーですよ。黒船のペリー。関根勤がモノマネするペリーです。

かなりびっくりしました。SSAKも気に入ってくれた様子。「一緒に踊りましょう」と言ってくれました(笑)













▼個別化医療(産経新聞)



個別化医療の時代(上) 肺がん薬物療法は… 遺伝子解析でオーダーメードが効く



個別化医療で産経新聞さんに取り上げていただきました。NHKでプレシジョンメディスンやりましたが、切り口を変えて同じテーマを扱っています。薬の効く人効かない人が事前にわかって、治療できるようになると本当にいいですね。



後編はまたのちほど載るようです。



http://www.sankei.com/life/news/161201/lif1612010030-n1.html









 ▼予告
次回からは体験者インタビューの始まりです。ぴあなさん、登場します。