バズフィードジャパンの記事と久光選手の慰問

皆さん こんにちは


▼バズフィードジャパンの記事

https://www.buzzfeed.com/jp/kazuohasegawa/haigankanja-judoukitsuen?utm_term=.gcq33KZGR#.qvKjj48az

 

今回、受動喫煙の闇について書きました。

読んでくださいませ


▼久光選手の慰問

岐阜市民病院の小児病棟への慰問を見学させていただきました。

市民公開講座が開かれていて、その日の午前中に行われました。

 

 

久光選手はフットサル・湘南ベルマーレの所属です。

肺がんの患者でもある。

プロの選手と患者の両面を持つ存在です。

 

 

そんな選手が小児の白血病の子供たちを慰問しました

 

 

印象に残っている言葉

 

「ここでは できない という言葉は最初に使ってはいけない」

 

「大きな声で返事しよう。挨拶しよう。」

 

「ほら、できたじゃないか」

 

 

ちょっとしたボールを使っての運動をしながら、

病院にいたって、治療していたって、できることあるよね

できないというのは誰が決めたの?

 

 

って問いかける

 

 

そして、「はい」と大きな返事をしたり、「よろしくお願いします」という声がどんどん大きくなる。

全体の活気が上がっていく

そして笑顔が増える。

 

いいもの見させてもらいました

胸の奥で、眠っていたものが、なにかこう、湧きあがってくる感じ。

言葉にはうまくできない

 

医療者側からは、子供たちの親が笑っているのをはじめてみた、という感想もあるそうです。

 

 

 

 

 

▼前回から始まった川口先生の講演

 

お味噌汁の塩分は、世間で言われているより低いというお話。

ちょっとびっくりしました。

人に喜んでもらおうという気持ちも伝わってきます

次回もお楽しみに。

すぐにアップします