世界肺癌学会で受動喫煙の発表しました。

みなさん こんにちは



世界肺癌学会横浜2日目です。写真多めです。
(日本肺癌学会報告は書き起こしに入っています。しばしお待ちくださいませ)



書き忘れましたが、皇太子殿下のスピーチの中に


「受動喫煙」
「アドボカシー」


の言葉があったようです。



すごい~。IASLC(世界肺癌学会)の活動について具体的に言っただけなのですが

うれしいですね。



ブログはなぜか写真が縦になりません

入り口には歴代の理事長の写真。2019年からは、現・日本肺癌学会理事長・光冨徹哉先生です。

現在の理事の先生たちの写真も。池田先生、大江先生、里内先生がでています。

 

朝いちばんは、たばこ対策の第一人者・日本対がん協会の望月先生のプレスカンファレンスに同席させていただき、紹介していただきました。

ちなみに望月先生は5本、講演を頼まれているとか・・・忙しい!びゅーっと走っていきました。

そしてこちらは、先日報告した、受動喫煙の発表です

皆さんからのアンケートがもとになっています

もちろん、サミット、ワンステップのコラボおしゃべり会でとったこの写真も、使っております!

私は英語は話せません。。。。

練習いたしました。

原稿を作り、読んでみる。肺活量の問題で、切れ目が入る。長い文章は読めない。文章の切っていいところを英語のできる人に聞く。また読んで練習・・・であります。

there is~ ってゼア イズ って読んだらだめで、デア イズって読むらしい

passive  smoking もパッシブスモーキングではなく、パッセヴスモーキングだそう。


で、やりましたが、やっぱり途中からダメダメに。。。。

フォローしてもらい、なんとか終わりました。次へ行きます。